砂壁や土壁、漆喰壁の掃除の仕方

砂壁や土壁、漆喰壁の掃除の仕方

砂壁や土壁、漆喰壁の汚れが気になりませんか? 掃除しようと思っても、どういう方法で掃除したらよいのか悩んでしまいますよね。この記事では、砂壁や土壁、漆喰壁の掃除方法についてご紹介します。ぜひ参考に掃除してみてくださいね。

砂壁や土壁の掃除の仕方

砂壁や土壁の掃除の仕方を解説します。普段の掃除ははたきで行うのが一般的です。汚れの種類に応じて、中性洗剤やエタノールを使用しましょう。

普段の掃除方法

砂壁や土壁はこすると表面が削れてしまうので、普段の掃除ははたきでほこりやゴミを落とすだけにしましょう。掃除機を直接当てると壁が削れてしまうので、掃除機を当てるのであれば表面には直接つけないようにしてくださいね。

食べ物のシミを落とすには

食べ物のシミなどの汚れがある場合は、消しゴムや練り消しゴムを使って汚れを落としましょう。あまり強くこすりすぎると壁が削れてしまうので、優しくなでるように行ってください。それでも汚れが落ちない場合は、中性洗剤を含ませた布で軽く叩いてみましょう。

カビの掃除方法

砂壁や土壁のカビには、水が含まれている消毒用エタノールを使用します。水の含まれていないタイプだと、エタノールがすぐに蒸発してしまい、カビに効果がないので気をつけましょう。後は消毒用エタノールのスプレーを吹き付けるだけで、カビの繁殖を防げます。

砂壁や土壁はとてもデリケートなので、あえて掃除しないのも1つの選択です。掃除ははたきを使う程度でもOKですよ。

砂壁や土壁の掃除の注意点

砂壁や土壁には漂白剤を使わないようにしましょう。漂白剤を使うと、色が白く抜けてしまいます。また、砂を固めている糊がゆるくなり、もろくなることがあるので注意が必要です。

対処できないほどの汚れがある場合は、業者に頼んで壁を塗り替えてもらうとよいでしょう。

漆喰壁の掃除の仕方

漆喰壁の掃除の仕方は、普段ははたきやほうきを使用します。汚れが気になる場合には、汚れの種類に応じて消しゴムやメラミンスポンジ、オキシクリーンやサンドペーパーを使用しましょう。

普段の掃除方法

漆喰壁はほこりがつきにくいため、普段の掃除ははたきやほうきなどで、上から下に掃除する程度でOKです。掃除機を使う場合は吸引力を弱にして、優しくかけるようにしましょう。

軽い汚れには

手垢などの軽い汚れには、消しゴムを使用してみましょう。消しゴムで取れない場合は、メラミンスポンジを軽く水でぬらしてこすります。ただし、消しゴムやメラミンスポンジで汚れを落とすと、そこだけ色が明るくなってしまうことがあります。まずは目立たない場所で試して、様子を見ながら汚れを落としていくとよいでしょう。

オキシクリーンで漂白する

こすっても落とせない汚れは、酸素系漂白剤のオキシクリーンで落としましょう。まずは、バケツにオキシクリーン30gと40℃~60℃のお湯を入れて混ぜます。その中に浸した雑巾で壁を拭きましょう。オキシ溶液を触るときは、必ずゴム手袋をするようにしてくださいね

サンドペーパーで削る

油性マジックなどの汚れの場合は、サンドペーパーで削って汚れを落としましょう。削りすぎを防ぐために、なるべく目の細かいサンドペーパーを使用するようにしてくださいね。サンドペーパーで削るときは、削りすぎないように優しく使用していきましょう。

漆喰壁の掃除の注意点

漆喰壁の汚れが内部まで浸透すると、なかなか落としきれないので、汚れがついたらすぐに掃除することが大切です。

大きな汚れやひび割れなど対処しきれない場合は、業者に頼んで壁を塗り直すことも検討しましょう。

まとめ

砂壁や土壁、漆喰壁の掃除方法をご紹介しました。砂壁や土壁、漆喰壁はデリケートなので、普段の掃除ははたきでほこりを落とす程度でOKです。自分で落とせない大きな汚れが気になるときは、業者に頼んで塗り替えてもらうことも検討してみてくださいね。