人工大理石を掃除する際のポイントとは? 注意点も解説

人工大理石を掃除する際のポイントとは? 注意点も解説

安価で美しい人工大理石ですが、どうやって掃除したら良いのでしょうか? 掃除方法がわからないため、なんとなく洗剤で掃除していたという人も少なくないでしょう。この記事では、人工大理石の掃除方法と、掃除の注意点をご紹介します。この記事を参考に、人工大理石をピカピカにしてみてくださいね。

人工大理石とは?

人工大理石は、アクリルやポリエステルの樹脂を使用して作られています。大理石のような見た目で、美しくて高級感があります。天然の大理石は一切使用されていませんが、見た目の綺麗さや安価さからとても人気のある素材です。

人工大理石は、本物の大理石よりも柔らかいため加工がしやすく、変形的なデザインも可能です。また、着色もしやすいため、豊富なカラーバリエーションがあります。

現代のキッチン素材の多くは、ステンレスや人工大理石です。ただ、ステンレスと比較すると、人工大理石のほうが水垢が目立ちにくいというメリットがあります。

人工大理石が汚れやすい理由とは?

人工大理石は人気がある反面、天然大理石より素材が柔らかく、紫外線に弱いという特徴があります。そのため、傷つきやすく黄ばみやすいのです。ただ、日頃からしっかりとお手入れをすることで、汚れを目立ちにくくすることは可能です。

人工大理石の掃除方法

それでは、人工大理石の掃除方法をご紹介します。手順通りに行うと、誰でも簡単に人工大理石を綺麗に保てます。

食器用中性洗剤で汚れを落とす

人工大理石は、食器用中性洗剤とスポンジを使ってお手入れします。スポンジは硬いものだと人工大理石を傷めてしまうリスクがあるため、柔らかいものを使用しましょう。スポンジに食器用中性洗剤をつけ、人工大理石を洗っていきます。

メラミンスポンジを使用する

洗剤とスポンジで落とせなかった汚れには、メラミンスポンジを使います。メラミンスポンジに水を含ませ、汚れの気になる場所を軽くくるくるとこするようにして汚れを落とします。

クリームクレンザーを使用する

メラミンスポンジでも落とせない汚れには、クリームクレンザーを使います。粉状のクレンザーではなく、クリームタイプのクレンザーを使用しましょう。粉状のクレンザーは研磨作用が強いため、人工大理石が傷つく恐れがあります。メラミンスポンジに少量のクリームクレンザーをつけ、汚れをこすって落としましょう。

水で洗い流して拭く

最後に、水で洗剤やクレンザーをしっかり洗い流しましょう。きれいな雑巾で乾拭きすればお手入れは完了です。

人工大理石の掃除の注意点

人工大理石の掃除に漂白剤や酸性・アルカリ性洗剤はNGです。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

漂白剤は使わない

人工大理石は、酸やアルカリの成分に弱いという特徴があります。人工大理石に漂白剤を使うと、表面が溶けてしまうので絶対にやめましょう。使った瞬間は綺麗になったと思っても、時間とともに黄ばみやベタつきが出てきます。

酸性やアルカリ性洗剤を使わない

酸性やアルカリ性洗剤も、使わないほうが無難です。繰り返しますが、人工大理石は酸やアルカリの成分に弱い素材です。人工大理石を長持ちさせるためにも、掃除するときには必ず中性洗剤を使うようにしましょう。

ヤスリで削らない

汚れがなかなか落ちないからといって、紙ヤスリや水垢落とし用のヤスリでゴシゴシ削るのはNGです。人工大理石の表面を傷つけることになりかねません。食器用中性洗剤 ⇒ メラミンスポンジ ⇒ クリームクレンザーの順番で使用し、無理なく汚れを落としていきましょう。

まとめ

人工大理石の掃除方法や、掃除の注意点をご紹介しました。人工大理石は天然大理石と比べて汚れが目立ちやすいデメリットがありますが、こまめにお手入れをすることで、汚れを目立ちにくくできますよ。ぜひこの記事を参考に、お手入れしてみてくださいね。