換気扇・レンジフードの掃除方法とは? 手順通りでピカピカに

換気扇・レンジフードの掃除方法とは? 手順通りでピカピカに

換気扇・レンジフードの掃除はしていますか? 中には、一度も掃除したことのない人もいるかもしれません。普段掃除しない場所だからこそ、掃除するときは徹底的にキレイにしたいですよね。この記事では、換気扇・レンジフードの掃除方法をご紹介します。ぜひこの記事を参考に、キレイにしてみてくださいね。

換気扇・レンジフードの汚れの原因

換気扇・レンジフードの汚れの原因は、大きく分けて2つあります。1つは油汚れで、揚げ物の多い家庭はとくに汚れやすいですね。調理中の油が換気扇にくっつき、冷えて固まると、なかなか取れません。

もう1つはホコリやヤニです。換気扇は空気中のホコリも吸い込みます。油汚れにホコリが混ざってこびりつくと、頑固な汚れになります。

また、ベランダに出るのが面倒くさいからといって、換気扇の下でタバコを吸っていませんか? 換気扇の下でタバコを吸うと、換気扇の汚れがひどくなることはもちろん、臭いが換気扇に染みつく恐れがあります。

換気扇・レンジフードが汚れるとどうなる?

換気扇・レンジフードが汚れるとどうなるのでしょうか。ここでは代表的な例を2つご紹介します。

電気代が高くなる

油汚れが付着したままのフィルターやファンは、空気の吸い込みが悪くなったり、ファンの回転数が落ちたりすることがあります。結果として、電力をよけいに使うことになり、電気代が高くなることがあるのでご注意ください。

異音や異臭がする

油汚れによってファンによけいな負担がかかると、換気扇を回すときに異音が発生することがあります。また、空気の吸い込みが悪くなることで、調理後の匂いがなかなか部屋から抜けなくなることもあるでしょう。

換気扇・レンジフードの掃除方法

それでは、換気扇・レンジフードの掃除方法の手順をご紹介します。

養生をする

事前準備として、レンジフードの周りを養生します。少し面倒かもしれませんが、油汚れや洗剤の汚れが飛び散ると後で掃除するのが大変なので、きちんと養生することをおすすめします。

ガスコンロの上には新聞紙を敷いておきましょう。新聞紙がズレないように、養生テープで数か所を固定しておくと良いですね。

また、シンクも養生しておきましょう。大きめのゴミ袋を切って開き、シンク全体を覆うようにかぶせてください。養生テープで数か所を固定した後、排水溝の部分に穴をあけておきましょう。

台所の床など、作業場所の周囲にも新聞紙を敷いて養生しておくと、後の掃除が楽になります。

換気扇をつけ置きする

レンジフード・換気扇の電源を切って電源プラグを抜いたら、レンジフードを分解していきます。取扱説明書を読んで、やり方を確認して進めましょう。

フィルターには、台所用の中性洗剤をかけ、ブラシでこすって汚れをお湯で洗い流します。

シロッコファンやターボファンは、バケツやゴミ袋の中につけ置きします。60℃のお湯に中性洗剤を入れ、その中につけ置きして汚れを浮かしましょう。つけ置きする時間は30分~1時間程度がおすすめです。

レンジフード・換気扇の内部を掃除する

次に、ファンが接続されている軸や、奥の壁をアルカリ洗剤で掃除します。油汚れが落ちない場合は、スプレーで洗剤を吹き付けた後、キッチンペーパーを上から貼り、しばらく時間を置いてから拭き取ると良いでしょう。油汚れが落ちやすくなりますよ。

洗い流す

つけ置きした換気扇・レンジフードをお湯で洗い流します。頑固な汚れは、割り箸や古い歯ブラシでこすり落としましょう。最後に部品をよく乾かし、換気扇・レンジフードを取り付けたら完了です。

レンジフード・換気扇の掃除頻度は?

少し手間のかかるレンジフード・換気扇の掃除ですが、どれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか。目安は、家庭での油の使用量によります。揚げ物の料理を毎日のようにする家庭は1年に1回程度、それほど揚げ物をしない家庭は2~3年に1回程度で十分です。

掃除が面倒な人は、業者に頼むという方法もありますよ。

まとめ

換気扇・レンジフードの掃除方法をご紹介しました。換気扇・レンジフードを汚れたままにしておくと、異音や異臭が発生することがあります。家庭での油の使用量に応じて、1年に1回、または2~3年に1回は掃除するようにしましょう。

少し面倒かもしれませんが、手順に沿って行えば決して難しいものではありませんよ。この機会に、ぜひ掃除に挑戦してみてくださいね。