家庭でできる高圧洗浄機を使った外壁洗浄

家庭でできる高圧洗浄機を使った外壁洗浄

家の外壁が汚れていると、気になりますよね。見た目にもキレイではありませんし、家もみすぼらしく見えてしまいます。この記事では、家庭で高圧洗浄機を使って外壁を掃除するときの使い方や注意点をご紹介します。ぜひ参考にして、外壁をキレイにしてみてくださいね。

高圧洗浄機とは

高圧洗浄機とは、水道から来た水を高圧にして噴射し、水の力で掃除をする機械のことです。高圧洗浄機は、車や外壁、コンクリートやウッドデッキなど、主に屋外の汚れを落とすために使用します。

水を高圧にすることによって、ブラシでこすっているような効果が得られ、汚れがキレイに落ちます。水道ホースを使って掃除をするよりも、楽に掃除することができますよ。
使用するには、家庭用のコンセントと水道が必要です。

外壁洗浄の必要性

外壁が汚れていると、見た目に清潔感がないだけでなく、そのままにしておくと外壁の劣化につながります。外壁の劣化が進むと外壁にひび割れが入り、そこから雨水が侵入して建物内部が腐敗することになります。

定期的に高圧洗浄機で外壁を洗浄することで、建物自体を守ることにもつながるのです。

高圧洗浄機の使い方と注意点

高圧洗浄機で外壁を掃除するときの使い方や、注意点をご紹介します。

服装に気をつける

高圧洗浄機は水圧が強く、跳ね返った汚水が飛び散ります。普段着を汚さないためにも、カッパを着用することをおすすめします。また、汚水と一緒に砂利が飛んでくることもあるため、目を守るためにゴーグルを着用しましょう。足はサンダルではなく長靴を着用すると良いでしょう。

時間帯に気をつける

高圧洗浄機を使うときは、時間帯に気をつけなければなりません。なぜなら、高圧洗浄機の音はかなり大きなものとなるからです。これは、高圧洗浄機自体の稼働音だけでなく、外壁に水が当たるときの音も含まれます。

近隣への配慮のため、夜間や早朝の時間帯は避けて使用するようにしましょう。

家で使うなら家庭用を

高圧洗浄機には業務用と家庭用がありますが、家庭で使うのなら、ぜひ家庭用のものを使用しましょう。家庭用の高圧洗浄機は、稼働音が控えめなため、音によるデメリットを減らせます。

ただ、家庭用の高圧洗浄機でも音が出ないわけではないので、必ず日中に使用するようにしましょう。加えて、隣家への配慮は必須です。

こまめに水圧を調整する

高圧洗浄機は水圧が強いので、こまめに水圧を調節しながら使いましょう。とくに、年数が経過した外壁塗装面は、水圧を弱くしないと塗装がはげるリスクがあります。

また、塗装面が粉をふいていたり、ひび割れていたり、はげていたりする場合は、高圧洗浄機を使用しないようにしましょう。

噴射器を近づけすぎない

高圧洗浄機の噴射器は、40~50cm程度離して使用するようにしましょう。近づけすぎてしまうと、外壁やシーリング部分を傷めるリスクがあります。とくに、年数が経過している外壁は気をつけましょう。また、同じ場所に長時間噴射器を当て続けるのもNGです。

隣家へ配慮する

隣家との距離が近い場合は、高圧洗浄機を使うときに隣家まで汚水が飛び散ることがあるので注意が必要です。

あらかじめ、隣家へ高圧洗浄機を使うことを時間を含めて伝えておき、了承を得てから使うようにするとトラブルが避けられます。

外壁洗浄の頻度の目安

高圧洗浄機を使った外壁洗浄の頻度の目安は、年に1~2回です。雨が降った後は、ホースを使って水で外壁の汚れを落としておくなど、こまめにメンテナンスをしておくと良いでしょう。

業者に依頼するという方法も

もし、高圧洗浄機を使うのは難しいと感じるようであれば、業者に依頼するのも1つの方法です。とくに、外壁の傷みや劣化が激しいときは、高圧洗浄機を使わないほうが良い場合もあるので、業者に依頼するほうが安心でしょう。

まとめ

高圧洗浄機の使い方や注意点をご紹介しました。高圧洗浄機は、家庭用のものも売られており、現在はホームセンターなどでも入手できます。外壁洗浄も家庭で手軽にできるようになりました。

ただ、高圧洗浄機を使うには、さまざまな注意点があります。近隣への配慮のほかにも、こまめに水圧を調整したり、噴射器を近づけすぎたりしないなど技術的なものもあります。不安な人は業者への依頼も検討してみてくださいね。