自宅で簡単! 鏡をピカピカ綺麗にする方法

自宅で簡単! 鏡をピカピカ綺麗にする方法

鏡の掃除は意外と面倒ですよね。とくに水垢のついた鏡は、なかなか綺麗にすることができません。この記事では、鏡の掃除方法を鏡の種類別にご紹介します。姿見や化粧鏡、風呂場の鏡は、掃除方法が異なります。この記事を参考にして、家の鏡をピカピカにしてみましょう。

姿見の掃除方法

外出前に、大きな姿見に全身の姿を映してみる人は少なくないでしょう。ファッションチェックにも役立ちますし、大きな姿見が1つあると便利ですよね。

ただ、姿見はその大きさからもほこりがつきやすいものです。移動させたり向きを変えたりするときに、手垢がついてしまうことも。

姿見の掃除方法は、柔らかい布で拭き取るだけでOKです。それだけでは汚れが落ちない場合は、その後に固く絞った布で水拭きを行いましょう。拭きムラを残さないためにも、水拭きは同じ方向に向かって行うと良いですよ。

いらない布をあらかじめ小さく切って、ストックしておくことをおすすめします。汚れが気になったときに、さっと拭いて捨てられるので便利ですよ。

化粧鏡の掃除方法

毎日使う化粧鏡には、化粧下地やパウダーファンデーション、手垢など汚れがつきやすいものです。汚れている化粧鏡では、メイクがバッチリ決まりませんよね。

化粧鏡の掃除には、まずは丸めた新聞紙で鏡の表面を拭きます。新聞紙には汚れを吸収してくれる性質があります。

それでも汚れが落ちない場合は、重曹を使って汚れを落とします。水100mlに対し、重曹小さじ1杯を溶かしたものを、スプレーボトルに入れましょう。汚れが目立つ部分にスプレーし、少し時間を置いてから乾いた古布で拭き取ってください。

重曹スプレーはキッチンの掃除にも適しているので、作り置きしておくと便利ですよ。

風呂場の鏡の掃除方法

風呂場の鏡には、水道水と石鹸カスの2種類の汚れがつきやすいです。水道水は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを含んでいます。このミネラル成分が鏡につき、時間がたって結晶化することで、ウロコ状の水垢汚れになるのです。

ボディーソープやシャンプーが鏡につくと、水道水に含まれるミネラルと反応して白い粉末状になります。それぞれについて、掃除方法を解説します。

ウロコ状の水垢の掃除方法

ウロコ状の水垢には、クエン酸を使います。水100mlに対してクエン酸小さじ1杯を溶かしたものを、スプレーボトルに入れましょう。

まずは、クエン酸を布にスプレーして鏡を拭きます。金属の蛇口につくと錆びることがあるので、液だれに注意しましょう。

次に、水で濡らした布でクエン酸を拭き取ります。クエン酸は塩素系漂白剤の入った洗剤と混ぜると有毒ガスを発生します。鏡にクエン酸の成分を残さないためにも、この工程を飛ばさないようにしましょう。

最後に乾いた布で鏡を拭き取ったら完成です。水道水が残ってしまうとウロコ状の水垢の原因になるので、しっかりと拭き取りましょう。

白い粉末状の水垢の掃除方法

白い粉末状の水垢には、重曹を使います。水100mlに対して重曹小さじ1杯を溶かしたものを、スプレーボトルに入れましょう。

まずは、重曹を水垢にスプレーし、キッチンペーパーで覆います。

5分ほど置いて浸透させてから、キッチンペーパーで拭き取ったら完了です。

鏡の汚れ防止対策に

鏡の汚れ防止には、以下のような対策も有効です。掃除の手間を省くために、こまめに手入れを行いましょう。

風呂場の鏡は使用済みのタオルで拭き取る

風呂場の鏡についた水滴やボディソープをそのままにしておくと、ウロコ状の水垢や白い粉末状の水垢が発生します。

水垢を防ぐためには水滴やボディソープ、洗顔料などを、風呂場から出る前に使用済みのタオルで拭き取ると良いでしょう。毎回拭き取るのは面倒に感じるかもしれませんが、習慣にしてしまえば楽ですよ。毎回しっかりと拭き取ることで、水垢の発生を防ぐことができます。

柔軟剤を使って掃除する

姿見や寝室の鏡は、柔軟剤の静電気を防止する効果を利用しましょう。やり方は、バケツに柔軟剤を数滴垂らした水を用意します。そこへタオルや布を入れて、固く絞ってから鏡を拭きましょう。鏡にホコリが付きにくくなりますよ。

まとめ

自宅でできる、簡単に鏡を綺麗にする方法をご紹介しました。鏡は種類によって掃除方法が異なります。姿見は布で、化粧鏡は新聞や重曹で、風呂場の鏡はクエン酸や重曹で掃除しましょう。

日頃から柔軟剤を使って掃除したり、洗面所や風呂場の鏡をタオルで拭き取っておくことで、ホコリ汚れや水垢防止になります。こまめに手入れをして掃除の手間を省きましょう。