自分でできるトイレ掃除のコツ、綺麗に保つ方法とは?

自分でできるトイレ掃除のコツ、綺麗に保つ方法とは?

トイレは常にきれいにしておきたいものです。しかしなかなかきれいにできないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では自分でできるトイレ掃除のコツを説明していきます。

これからトイレ掃除をする方は参考にしてください。

トイレ掃除のコツとは?

それではトイレ掃除のコツを説明していきます。ちょっとしたことに気を付けるだけで、ずいぶんきれいにすることができます。

掃除をする順番

トイレに限らず掃除をする順番は上から下、奥から手前です。順番を間違えると埃が残ってしまうなど、余計に手間がかかってしまいます。特にトイレはズボンを脱いだり、トイレットペーパーを使うことから天井や角などに埃がたまることが多いので、まずはこの埃をふき取ることからはじめてください。

便器の洗い方

便器の洗い方ですが、先に便器の表面を洗ってから便器の中を洗うようにしてください。まず便器を洗ううえで気を付けたいのは、尿の飛び散ってできた汚れをふき取ることです。手前側もノズルの奥も便器の使い方によっては汚れやすく、放置していると強い臭いにつながってしまいます。

掃除道具は細かいところまで拭き取れるブラシタイプがおすすめです。ノズルの周辺など便器には細かい部分が意外と多くあります。またブラシ自体も放置しておくと強い臭いにつながるので、時々漂白剤などで汚れをとって普段はブラシケースに入れておくとよいでしょう。

便座の裏側の汚れを落とす

便座の裏側は尿石汚れが残りがちです。この尿石汚れは簡単に落ちないため工夫が必要です。そこで尿石がアルカリ性であることから、洗剤は酸性のものを使うと効果的です。

また酸性の洗剤は手洗いをする場所の水垢にも同じような効果を発揮します。そのためついでに手洗いをする部分も掃除をすると効率良く掃除することができます。

便器と便座の間などにできる黒ズミはかびなのですが、こちらは除菌効果のあるアルコールの入った洗剤を使うことをおすすめします。洗剤の種類を間違えると汚れがおちづらくなるのでご注意ください。

トイレ掃除に必要な道具とは

トイレの掃除道具は便器を磨くためのブラシや拭き取るシートの他、酸性の洗剤、除菌効果のあるアルコール性の洗剤があるといいでしょう。
トイレクイックルなど拭き取りシートが便利ですが、コストパフォーマンスはあまりよくないためトイレットペーパーなどに洗剤をしみ込ませる方法もあります。

トイレをきれいに保つコツとは?

ここまでトイレ掃除のコツを説明してきましたが、一番のコツは普段からトイレをきれいに保つことです。普段からトイレをきれいに保つためには以下の点に気を付けるとよいでしょう。

月に二度は掃除をする

簡単にでもいいので月に二度は掃除をしておくと、大きな汚れになりにくくトイレをきれいに保つことができます。普段から定期的に掃除をすることを心がけてください。定期的に掃除をしておくと、トイレは大掃除をする必要がほとんどなくなります。

壁や床を定期的に拭く

トイレ掃除というと便器を掃除することをまず連想しがちですが、壁や床も汚れ勝ちです。どうしても毎日使っていると壁や床に尿の臭いがついてしまうので、洗剤をキッチンペーパーにしみ込ませて定期的に拭き掃除をするようにしてください。しかし壁が紙製のクロスを使っている場合は、色が落ちる場合があるので洗剤が不向きな可能性もあります。

トイレにクイックルシートなどを常に置いておくと、定期的に拭きやすいのではないでしょうか。

まとめ

この記事では自分でできるトイレ掃除のコツやトイレをきれいに保つ方法をご紹介してきました。
トイレは1日に何度か利用する場所であり、常にきれいにしておきたいものです。しかし何度も利用する場所だからこそ、汚れやすいともいえます。

そのため定期的に掃除をすることが大切です。特に便器などに汚れが残っていると、見た目がよくないだけでなく、悪臭につながってしまうのです。