自宅でできるカーペットの染み抜き方法

自宅でできるカーペットの染み抜き方法

カーペットをうっかり汚してしまったことはありますか? この記事では、カーペットを汚したときの掃除方法を、汚れの種類によって解説しています。汚れが水溶性か油性かによって掃除方法も変わります。カーペットの掃除の注意点についても併せて解説していますので、ぜひご覧ください。

水溶性の汚れ

カーペットの汚れには大きく分けて水溶性の汚れと油性の汚れがあります。それぞれに適した掃除方法があるので、まずは汚れの種類を見極めましょう。

水溶性の汚れには、コーヒーやお茶、お酒やジュースなどの飲み物や、醤油やソース、ケチャップなどの調味料があります。

水溶性の汚れの染み抜き方法

まずは、中性洗剤と雑巾を用意します。水溶性の汚れは素早く対処すれば落ちやすいので、早めに処理しましょう。

次に、汚れの原因を取り除きます。ソースやケチャップなどをこぼしてしまった場合は、ティッシュなどでできるかぎり取り除いておきましょう。このときに、汚れが広がらないように注意してください。

次に、濡らして絞った雑巾に、中性洗剤を数滴つけて軽く揉んでなじませます。カーペットに直接中性洗剤をつけないようにしましょう。

そして、雑巾でカーペットの汚れをぽんぽんと軽く叩きます。このときに、汚れの外側から内側に向かって叩くようにしましょう。内側から外側に叩いてしまうと、汚れが広がります。

油性の汚れ

油性の汚れには、バターやチョコレート、マヨネーズや卵、口紅やファンデーションなどがあります。

油性の汚れは落ちにくいので、しっかりと洗剤を使ってシミ抜きしていきます。

油性の汚れの染み抜き方法

油性の汚れの染み抜き方法は、カーペットの色によって異なります。

まずは準備するものですが、白っぽい色のカーペットの場合は、酸素系液体漂白剤と雑巾、重曹とゴム手袋を用意してください。

濃い色のカーペットの場合は、除菌用アルコールと中性洗剤、雑巾を用意しましょう。

白っぽい色のカーペットの場合

まずは、酸素系液体漂白剤20mlに大さじ1の重曹を入れて、しっかりと混ぜてください。次に、雑巾を濡らして硬く絞ったら、電子レンジで温めます。

そして、カーペットの汚れに酸素系液体漂白剤と重曹を混ぜたものをかけて少し放置し、温めた雑巾で叩きます。

汚れが落ちてきたら、汚れに水を少しだけかけて、乾いた雑巾で叩いていきましょう。汚れが落ちるまでこの手順を繰り返します。

濃い色のカーペットの場合

濃い色のカーペットには、アルコールと中性洗剤を使います。まずは、布にアルコールをつけて汚れを叩きます。

汚れが目立たなくなったら、中性洗剤とぬるま湯を混ぜたものを雑巾につけて、拭いていきます。最後に、水で濡らした雑巾で、上からぽんぽんと叩いて洗剤を取り除いたら完了です。

カーペット掃除の注意点

最後に、カーペットを掃除するときの注意点をご紹介します。汚れたらすぐに掃除することや、必要な場合はゴム手袋をするようにしてくださいね。

汚れたらすぐに落とす

カーペットの汚れを放置しておくと、汚れが固まり、どんどん落ちにくくなっていきます。そうならないためにも、汚れたらすぐに汚れを落とすことを心がけましょう。カーペットをできるかぎり長く使い続けるためにも、意識するようにしてくださいね。

重曹や漂白剤を使うときはゴム手袋をする

重曹や漂白剤を使うときは、安全のために必ずゴム手袋をするようにしましょう。重曹は漂白剤と違ってそこまで手が荒れることはありませんが、肌が弱い人は荒れることがあります。後で後悔しないためにも、ゴム手袋を使うことが大切です。

また、漂白剤を使うときは、必ず換気するようにしましょう。窓を開けて常に新鮮な空気を取り入れてくださいね。

まとめ

自宅でできるカーペットの染み抜き方法をご紹介しました。カーペットの染み抜き方法は、汚れの種類やカーペットの色によっても異なります。汚れやカーペットの色を確認し、最適な方法で汚れを落としましょう。

汚れたらすぐに掃除するように気をつけて、カーペットを長持ちさせるようにしたいですね。