エアコンの除湿機能と冷房の違いは?快適に過ごすための上手な使い方

エアコンの除湿機能と冷房の違いは?快適に過ごすための上手な使い方

夏の暑い時期や冬の寒い日に大活躍するエアコン。室温を下げたり上げたりすることで快適に生活を送ることができます。またエアコンには「除湿機能」というものが備わっており梅雨の時期や夏の雨の日などは除湿機能を使い部屋の湿度をコントロールすることで部屋の環境を整えることができます。
そんな除湿機能ですが、どういったタイミングで使用するのが良いのでしょうか?除湿機能でも部屋が涼しくなりますよね。そうなると冷房との違いは何なのか?
そんな疑問に今回は答えていこうと思います。

エアコンの除湿機能とは?

除湿機能とは部屋の空気の「湿度」を下げることを一番の目的と下機能です。エアコンが室内の空気を吸込み部屋の外へ追いやる事で湿度を下げサラサラ快適な室内環境に整えます。
仕組みとしては湿度の高い空気をエアコンが吸い込んだ後、内部の熱交換器という部分で熱を奪って温度を下げます。その際熱交換器に空気中の水分が結露して付着します。溜まった水分はドレンホースを通って室外へ出され水分の少なくなった空気がそのまま吹き出されるという仕組みになっています。
ではなぜ湿気を追い出しただけで部屋の温度が下がるのか?実は空気が蓄える事の出来る水分量は空気の温度によって決まります。温度が高いと水分も多く蓄える事ができる為ジメジメとしてしまいます。
そこで温度を下げることで蓄えることのできる水分量を減らしサラサラの空気を循環させる事ができるのです。

除湿には2種類ある

除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2つのタイプがありそれぞれ特徴が違います。

弱冷房除湿

弱冷房除湿は一般的な家庭用のエアコンについている除湿機能です。
エアコンに取り込んだ空気を冷やすことで水分量を減らしその空気を吹き出す事で湿度を下げます。
吹き出す空気の方が温度が低い為冷房を付けているのと似た状況になり室内の温度も下がるという訳です。

再熱除湿

再熱除湿は上記の除湿を行った後に冷えた空気を温め直してから部屋に戻す事のできる機能です。これにより室温を下げることなく除湿することが可能です。弱冷房除湿に比べて高機能な再熱除湿ですが温め直すために電気代がかかる事や上位機種にしか備わっていない場合があります。

冷房と除湿(ドライ)の違い

冷房は「室内の温度を下げる」事に特化した機能です。冷房を使用することで素早く冷やすことができまた冷やすときに発生する結露した水分を室外に出すことで室温を下げるだけでなく除湿効果もあるのが冷房の特徴です。

対して除湿は「室内の湿度を下げる」事に特化した機能です。冷房と同じく空気中の水分を結露させることで取り除き室外へ出します。室温を下げすぎないように調整されている事が冷房と異なる点です。また上記で説明した「再熱除湿」のように室温を下げずに除湿するできる機能もあるのが冷房との大きな違いです。

冷房と除湿の使い分けは?

梅雨の時期は除湿がおススメ

梅雨のジメジメした時期は湿度がかなり高くなるので除湿を使うのがおススメです。真夏程の気温も無いので身体を冷やしすぎる心配もありません。人が快適と感じる湿度は40%~60%前後と言われています。また湿度がとカビ等の発生の原因にもなります。ジトっとしたあの感覚を感じたら湿度を下げて過ごしやすい環境を整えましょう。

真夏はやはり冷房が効果的

真夏の気温が高い場合はやはり冷房が効果的です。素早く室温を下げることができ快適な環境に整える事ができます。一早く部屋を涼しくしたい場合は冷房を使用しましょう。

 

除湿と冷房では電気代はどちらが安い?

消費電力が少ないのは弱冷房除湿

あくまでも目安ですが消費電力の少ない順では「弱冷房除湿」「冷房」「再熱除湿」となります。
弱冷房除湿は冷やした空気を室内に戻すだけに対し「再熱除湿」は一度冷やした空気を再度温めてから戻す為その分消費電力も多めにかかります。一見デメリットの多い再熱除湿ですが夏前の時期や夜等に使う場合、室温を必要以上に下げることなく快適な環境にできるのが大きなメリットです。

部屋干しするなら除湿を使おう

梅雨の時期は部屋干しすることも多いと思います。そんな時は除湿機能を活用しましょう。
部屋干しが乾きにくい理由は空気中の水分量が増える事で洗濯物の水分が蒸発しにくくなる為です。
除湿機能を使う事で室内の水分を吸収し減らすことができるので洗濯物も早く乾来ます。

エアコンの効きが悪い?そう感じたらエアコンクリーニングを検討しましょう

冷房や除湿機能を使っていていつもより効きが悪いと感じた事はありませんか?それはもしかするとエアコンクリーニングが必要なタイミングかもしれません。
エアコンは室内の空気を吸込み循環させる為、使用年数と共にフィルターやエアコン内部にホコリなどの汚れが蓄積されます。そのまま放置するとエアコン本来の性能が発揮できない事があります。また内部の汚れは吐き出される空気と一緒に室内に出てしまう事もあります。ホコリやカビはアレルギー症状の発生にも繋がり健康面を考えてもエアコンクリーニングは必要だと考えます。
フル稼働する夏本番前に一度行って見てはいかがでしょうか?すっきり清掃し快適に夏を乗り切りましょう!